違い

現代のレンタルサーバー業界におけるサービス形態をご紹介しましょう。
大きくわけると、下の2つにわけられます。
1、 1つのサーバを複数のユーザで共有するタイプ
※領域を複数にわけて、それぞれの領域ごとにドメインを設定します。
その各領域を貸し出すサービス。
マンションのように考えていただければ結構です◎

2、 1台のサーバを1人でまるごと利用するタイプ
※マシンの一台まるごと貸し出すサービス。
戸建てのように考えていただければ結構です。

このほかにも、自分で用意したサーバ機器を回路設で整えたデータセンタ内に設置する「ハウジング」というサービスを提供しているレンタルサーバー業者もあります。

このように、色々なサービス携帯が存在するのが、レンタルサーバーです。
それぞれ、どのような特徴があるのでしょうか?


*―゚+.。o○*2つのレンタルサーバーの違い*○o。.+゚―*
共有の方が、低コストでさまざまな設定を行うための専用のツールが用意されています。
簡単に利用できることがメリットといえます。
初心者や小規模サイトにおすすめです。
しかし自由度が低く、個別の設定が行えないのがデメリット。
また、同じサーバの他のアカウントの影響を受けてしまうことも・・・

専用の場合は、コストが高く、セキュリティ管理などの運用もすべて自分で行わなければいけません。
管理者の高度なスキルが要求されるでしょう。






おすすめ記事

What's New

2012/02/20
耳より情報を更新。
2012/02/20
メール設定を更新。
2012/02/20
できることを更新。
2012/02/20
比較を更新。
2012/02/20
バーチャルを更新。
2012/02/20
レンタルサーバーの違いを更新。
2012/02/20
ホームページリニューアル